精油とは、植物の中に存在する芳香物質のみを純粋に抽出したものであり、英語ではエッセンシャルオイルと呼ばれています。他に何も混ぜていない純粋なエキスだけに付けられる名前であり、使用する植物によって独特の香りと機能を持っています。それとは違い合成オイルとは、何かの素材を合成して作られたオイルのことであり、アロマオイルなどと呼ばれることもあります。人工的な香料を使用しているものや、他の安価なオイルに香りを混ぜたものなど、さまざまな商品が販売されています。精油と合成オイルは、本来どちらも香りを嗅いで楽しむものなのですが、その用途には差が出てきます。精油ならば芳香物質のみを抽出しているので、肌につけることもできるのですが、合成オイルを肌に直接つけるのは良くありません。そこで直接ではなく何かに混ぜてから使うようにするのが良く、お風呂に入れてアロマバスとして楽しむなどといった方法がオススメです。ちなみに、香りのするアロマならす全てこちらに分類されるのですが、どんな材料で作られているかをしっかり確認することが大切です。身体へ直接使用できるという表記がないものの場合、肌荒れを引き起こしたりすることもあるので注意しましょう。